能面 万媚 のうめん まんび

彫刻 / 安土・桃山  江戸 

安土桃山~江戸時代・16~17世紀
木造、彩色
21.2×13.5
1面

頬がふくよかで艶めかしさを含む表情である。面裏に「万媚」と異名の「化生」、三種の花押の陰刻と(喜多)長能の名と花押の金泥による署名がある。さらに亀裂部分を補強したようなペースト状のものを充填した痕がある。

作品所在地の地図

関連リンク

能面 万媚チェックした作品をもとに関連する作品を探す

能面 万媚
能面 阿古父尉
能面 阿古父尉

「福来作/満昆(花押)/庸久(花押)/満昌(花押)」金字銘

能面 大癋見
能面 大癋見

「舞歌」陰刻、「三光坊作」銘

能面 長霊癋見
能面 長霊癋見

「キヒノケンせイ」陰刻

能面 三番叟(黒色尉)
能面 三番叟(黒色尉)

「日光作/能静(花押)」金字銘

ページトップへ