狂言面 鮒 ふな

木像 / 江戸 / 日本 

江戸時代中期(18世紀)
木造彩色
静岡県三島市
財団法人佐野美術館

 明治維新で絶えた狂言の一流派、鷺流で使われたと考えられている面であるが、演目などは不明。大きく左右に裂けた口、鋭い歯や目はいかにも動物のものだが、魚の正面顔がユーモラスである。

作品所在地の地図

関連リンク

狂言面 鮒チェックした作品をもとに関連する作品を探す

狂言面 恵比寿
能面 大飛出
狂言面 うそぶき
能面 中将
隆泉苑
ページトップへ