木村産業研究所 キムラサンギョウケンキュウショ

その他の画像全2枚中2枚表示

建造物 / 昭和以降 / 東北 

青森県
昭和/1932
鉄筋コンクリート造、建築面積二九〇・八七平方メートル、二階建、鉄板葺
1棟
青森県弘前市大字在府町六一番地
重文指定年月日:20210802
国宝指定年月日:
一般財団法人木村産業研究所
重要文化財

 木村産業研究所は、地域の産業振興を目的として弘前市街に昭和7年に建築された。設計は、世界的に著名な建築家ル・コルビュジエのアトリエに勤めた前川國男(まえかわくにお)である。
 白い壁と水平に連続する窓で均整のとれた外観をつくり、バルコニーやピロティ、曲面に張り出した外壁等で変化をつける。内部はガラス窓を多用し、玄関ホールに吹き抜けを設け、天井を赤く塗るなど、明るく開放的で、かつコントラストの強い空間を構成する。ル・コルビュジエが示したモダニズム建築の概念を体現する、我が国最初期の建物として価値が高い。

作品所在地の地図

関連リンク

木村産業研究所チェックした作品をもとに関連する作品を探す

木村産業研究所
国立西洋美術館本館
弘前市庁舎本館
旧富岡製糸場 繰糸所
旧富岡製糸場 西置繭所
ページトップへ