文化遺産オンライン

金銅製鈴付袴板

作品概要

金銅製鈴付袴板

考古資料 / 古墳 / 京都府

出土地:京都市 穀塚古墳出土

古墳時代・5世紀

3個

腰に巻く帯に付ける金具。長方形の金具の下に心葉形、その先に3つの鈴を付けたものを連ねた。金具にはそれぞれ1匹、2匹龍が透彫(すかしぼ)りされている。この作例は中国で作られ、日本に渡ったもの。古墳の被葬者が生前大事に使用していた舶来の品である。(20120102_h021h022天翔ける龍)

金銅製鈴付袴板をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 弁財 / 古墳 /

関連作品

チェックした関連作品の検索