金銅製龍文帯金具

考古資料 / 古墳 / 京都府 

出土地:京都市 穀塚古墳出土
古墳時代・5世紀
4個

金銅製帯金具【集合題箋タイトル】
帯を飾るために作られた金銅製+こんどうせい+の金具一式で、帯先+おびさき+と帯の中間に付ける飾金具+かざりかなぐ+があります。飾金具は銙板+かばん+と垂飾+すいしょく+で構成されます。銙板は綾杉文+あやすぎもん+で縁取+ふちど+られ、左向きに走る龍を表し、垂飾は鈴を付けています。帯先金具にも左向きの龍が表現されています。

作品所在地の地図

関連リンク

金銅製龍文帯金具チェックした作品をもとに関連する作品を探す

金銅製鈴付袴板
金銅製帯先金具
金銅製飾金具
金銅製冠
金銅龍文帯金具
ページトップへ