文化遺産オンライン

マリア観音像

まりあかんのんぞう

作品概要

マリア観音像

まりあかんのんぞう

彫刻 / /

中国・徳化窯

明~清時代・17世紀

白磁製

高22.4

1軀

重要文化財

 マリア観音は、元来、求児・安産・育児の祈願の対象として中国の福建省などで製作され、九州地方にもたらされた観音像。懐に幼児を抱き岩上に座る姿や白磁の色などから、信徒がこれを純潔の聖母マリアになぞらえて信仰したため、この名がある。   

マリア観音像をもっと見る

中国・徳化窯をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

マリア / 徳化 / 観音 /

関連作品

チェックした関連作品の検索