Symbolic Representation of a Buddhist Deity

Details

Symbolic Representation of a Buddhist Deity

metalwork / Heian / Wakayama

Place excavated:Excavated at Mount Nachi, Nachikatsuura-cho, Higashimuro-gun, Wakayama

Heian period, 12th century

Bronze

1個

 三昧耶形とは仏の印相や持物をもって、それぞれの仏を象徴的に表現したもの。これらを修法壇の上に一定の法則にしたがって安置し、一種の曼荼羅を形成する。製作は蝋型(ろうがた)による鋳造で、その柔らかな表現は平安時代後期の気風をよく示している。   

Related Works

Search items related to work chosen