無量寿如来 むりょうじゅにょらい

金工 / 平安 / 和歌山県 

出土地:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山出土
平安時代・12世紀
銅板製 鍍金
1躯

曼荼羅には金剛界と胎蔵界がある。その一つ金剛界曼荼羅は九つのブロック(会)(え)から構成されている。この一群の仏像と三昧耶形(さまやぎょう)は、そのうちの成身会(じょうじんえ)を立体的に表したもので、他に例を見ない。三昧耶形は仏の持物や印相でその仏を象徴的に示したものである。

作品所在地の地図

関連リンク

無量寿如来チェックした作品をもとに関連する作品を探す

金銅王菩薩(金剛界三十七尊(三昧耶形))
光背
金剛利菩薩(金剛界三十七尊(三昧耶形))
金剛鏁菩薩(金剛界三十七尊(三昧耶形))
金剛索菩薩(金剛界三十七尊(三昧耶形))
ページトップへ