光背 こうはい

その他の画像全7枚中7枚表示

金工 / 平安 / 和歌山県 

出土地:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山出土
平安時代・12世紀
銅板製 鍍金
高20.0
1躯

熊野那智大社飛滝権現の参道周辺から発掘された、那智山出土仏教遺物の一部で、当館と和歌山県青岸渡寺とに分かれて所蔵される。これらは密教における金剛界曼荼羅を構成している仏とみられ、中尊の金剛界大日如来像の原本は、現在青岸渡寺が所蔵している。
ルビ:ひろうごんげん、、こんごうかいまんだら、せいがんとじ

作品所在地の地図

関連リンク

光背チェックした作品をもとに関連する作品を探す

蓮台
無量寿如来
金剛利菩薩(金剛界三十七尊(三昧耶形))
金剛鏁菩薩(金剛界三十七尊(三昧耶形))
金剛索菩薩(金剛界三十七尊(三昧耶形))
ページトップへ