文化遺産オンライン

名所江戸百景・するがてふ

めいしょえどひゃっけい ちょう

作品概要

名所江戸百景・するがてふ

めいしょえどひゃっけい ちょう

絵画 / 江戸

歌川広重筆

江戸時代・安政3年(1856)

大判 錦絵

37.0×24.8cm

1枚

「名所江戸百景」は、広重最大の名所揃いものです。広重の晩年安政3年(1856)に制作がはじまり、没後に追加された二代広重の作品を含めて119枚の揃いとして完結します。描かれている越後屋は、現在の日本橋三越と、三井記念美術館のある三井本館です。

名所江戸百景・するがてふをもっと見る

歌川広重筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

関連作品

チェックした関連作品の検索