御前崎灯台 旧官舎 オマエサキトウダイ キュウカンシャ

近代その他 / 明治 / 中部 

静岡県
明治/1874
煉瓦造、建築面積一六三・八六平方メートル、平屋建、アスファルトシングル葺
1棟
静岡県御前崎市御前崎字燈明一五八一番一
重文指定年月日:20210802
国宝指定年月日:
国(海上保安庁)
重要文化財

御前埼灯台は、駿河湾と遠州灘を隔てる御前崎の突端部に位置する。列強の要求に基づく灯台に引き続き、明治政府が推進した灯台建設の最初期に築かれた洋式灯台で、英国人技師ブラントンの指導により明治7年に初点灯した。灯台は二重円筒構造及び分銅筒を備え、回転式、一等レンズ設置の仕様で築かれた我が国最初期の煉瓦造灯台で、近代海上交通史上、価値が高い。灯台と共に建設された煉瓦造の旧官舎も併せて保存を図る。

作品所在地の地図

関連リンク

御前崎灯台 旧官舎チェックした作品をもとに関連する作品を探す

御前崎灯台 灯台
角島灯台 旧官舎
角島灯台 旧倉庫
犬吠埼灯台 灯台
犬吠埼灯台 旧倉庫
ページトップへ