犬吠埼灯台 灯台 イヌボウサキトウダイ トウダイ

その他の画像全3枚中3枚表示

近代その他 / 関東 

千葉県
明治/1874
金属製、煉瓦造及び鉄筋コンクリート造、建築面積八四・八一平方メートル
1基
千葉県銚子市犬吠埼九五七六番地
重文指定年月日:20201223
国宝指定年月日:
国(海上保安庁)
重要文化財

犬吠埼灯台は,関東平野最東端の銚子半島から,太平洋に突きだす,犬吠埼の崖の上にたつ,現役の灯台である。
慶応4年(1868)に来日,明治9年に帰国するまでに多くの灯台の建設を主導した,イギリス人技師R・H・ブラントンの指導で建設された。
灯台は,明治7年の初点灯で,高さ31m,煉瓦造の二重壁構造である。地震の多い我が国に建設された初期の煉瓦造塔状構造物として,先駆的な技術が使われている。北太平洋航路のための最初の灯台として,我が国の近代海上交通史上,高い価値が認められる。明治43年建設の旧霧笛舎も併せて保存する。

作品所在地の地図

関連リンク

犬吠埼灯台 灯台チェックした作品をもとに関連する作品を探す

犬吠埼灯台 旧倉庫
犬吠埼灯台 旧霧笛舎
六連島灯台
角島灯台 灯台
角島灯台 旧倉庫
ページトップへ