興福寺鎮壇具 金銅大盤 こうふくじちんだんぐ こんどうだいばん

金工 / 奈良 / 奈良県 

出土地:奈良市興福寺中金堂須弥壇下出土
奈良時代・8世紀
銅鋳造、鍍金
1口
国宝

興福寺中金堂創建時に工事の安全を願って地中に埋められた鎮壇具の一つ。まばらな魚々子やおおらかな花卉文に時代の特徴が見られる。見込みに籠文字で「上」と刻まれ、内側に穀物の痕跡が認められたことから、地鎮の際五穀を盛って奉安した器と考えられる。

作品所在地の地図

関連リンク

興福寺鎮壇具 金銅大盤チェックした作品をもとに関連する作品を探す

興福寺鎮壇具 延金
興福寺鎮壇具 金銅脚杯
興福寺鎮壇具 銀大盤
興福寺鎮壇具 瑞花双鳳八花鏡
興福寺鎮壇具 響銅盤
ページトップへ