興福寺鎮壇具 延金 こうふくじちんだんぐ  のべきん

金工 / 奈良 / 奈良県 

出土地:奈良市興福寺中金堂須弥壇下出土
奈良時代・8世紀
9枚
国宝

鎮壇とは堂塔を築く際、その土地の神々を鎮(しず)め、建物の末永い無事を祈念して行う祭事で、この時に地中に埋める品々を鎮壇具といいます。興福寺の鎮壇具は、明治7年(1874)10月、中金堂の基壇中から発見されました。中金堂創建時、8世紀前半のものです。

作品所在地の地図

関連リンク

興福寺鎮壇具 延金チェックした作品をもとに関連する作品を探す

興福寺鎮壇具 金銅大盤
興福寺鎮壇具 瑞花双鳳八花鏡
興福寺鎮壇具 和同開珎銅銭
興福寺鎮壇具 開元通宝銅銭
興福寺鎮壇具 瑪瑙玉
ページトップへ