文化遺産オンライン

鉄鏃

てつぞく

作品概要

鉄鏃

てつぞく

考古資料 / 古墳 / 群馬県

出土地:群馬県伊勢崎市豊城町権現前出土

古墳時代・6~7世紀

鉄製

長 4.3~14.5 幅0.5~0.7

37本

古墳時代の鉄鏃は弥生時代以来の伝統的な幅広の鏃身部をもつ平根系鉄鏃から、5世紀に近畿地方を中心として鳥舌形鉄鏃などの尖根系鉄鏃が出現する。5世紀中頃からはさらに、細長い鏃身部をもつ長頸鏃に転換し一般化する。本鉄鏃は、棘状関をもつ片刃箭式の典型的な長頸鏃である。現存最大長 14.5 cm。

鉄鏃をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 古墳 / / 出土

関連作品

チェックした関連作品の検索