文化遺産オンライン

喜多屋新井家住宅主屋

きたやあらいけじゅうたくおもや

作品概要

喜多屋新井家住宅主屋

きたやあらいけじゅうたくおもや

住居建築 / 江戸 / 中部

長野県

江戸/1751~1830

木造2階建、鉄板葺、建築面積263㎡

1棟

長野県上伊那郡宮田村3285-19

登録年月日:20221031

登録有形文化財(建造物)

伊那街道の宮田宿に所在する町家。二階建切妻造平入で西面し、北辺の醤油醸造用の表蔵と一体で鉄板葺屋根を架ける。内部は北を土間、南を床上とし、表のみ二階を設け、南西に仏間と床付きの座敷を配す。軒が低く間口長大で、宿場の歴史的景観をつくる主屋。

関連作品

チェックした関連作品の検索