埴輪 帽子を被る男子 はにわ ぼうしをかぶるだんし

考古資料 / 古墳 / 栃木県 

出土地:栃木県真岡市亀山出土
古墳時代・6世紀
土製
高72.8㎝
1個

丸い帽子を被った男子像で、右手を腰にあて、左腰には大刀を佩いています。左手は欠失していますが、肩口に剥離痕があり、何かを携えていたと考えられます。胡坐をかく男子像に付き従う人物像と思われます。ルビ:あぐら

作品所在地の地図

関連リンク

埴輪 帽子を被る男子チェックした作品をもとに関連する作品を探す

埴輪 胡座の男子
埴輪 笠を被る男子頭部
埴輪 大刀を佩く男子
埴輪 琴を弾く男子
埴輪 盛装の男子
ページトップへ