油滴天目 ゆてきてんもく

その他の画像全2枚中2枚表示

陶磁 /  

13世紀 中国・南宋時代
陶器
高7.0 口径12.6
1口
重要文化財

南宋時代(12〜13世紀)に、中国南部の窯(建窯)で作られた天目茶碗。高温の窯の中できわめて稀に化学変化をおこし、器の表面にあたかも油滴が飛び散ったような模様を作り出すので、その名がある。漆黒の底部から徐々に青みを帯びて縁にいたる色の変化が絶妙であり、これほど美しい油滴天目茶碗は大変貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

油滴天目チェックした作品をもとに関連する作品を探す

曜変天目
曜変天目

建窯

油滴天目
灰被天目茶碗(虹)
灰被天目茶碗
灰被天目
ページトップへ