Ewer Handle

Details

Ewer Handle

metalwork / Heian / Kyoto

Place of production:Excavated at Fushimi Inari Taisha shrine, Fushimi-, Place excavated:Excavated at Fushimi Inari Taisha shrine, Fushimi-

Heian period, 12th century

1口

内面に鉄漿(かね)と思われるものが付着していることから、実際に使用していた化粧道具を埋納した提子(ていし)と考えられる。本体は銀鍛造製で、つるの片端には菊花形金具がアクセントとなり、華麗で繊細な装飾感覚が偲ばれる。(20080304_h032)

Search by Ewer Handle

Search by Tokyo National Museum

Keywords

Kyoto / Heian / Fushimi / 経塚

Related Works

Search items related to work chosen