文化遺産オンライン

楼上縁先美人

ろうじょうえんさきびじん

作品概要

楼上縁先美人

ろうじょうえんさきびじん

絵画 / 江戸

鈴木春重筆

江戸時代・18世紀

中判 錦絵

1枚

鈴木春信とは、蘭学者司馬江漢(しばこうかん)のこと。江漢は春信に浮世絵を学び、春信の贋作まで制作したという。一見、春信と見紛う愛らしい美人図だが、大胆な遠近法を用いた縁の構図などに、江漢らしい機知がうかがえる。

楼上縁先美人をもっと見る

鈴木春重筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

春信 / 鈴木 / 美人 / びじん

関連作品

チェックした関連作品の検索