文化遺産オンライン

天球全図

てんきゅうぜんず

作品概要

天球全図

てんきゅうぜんず

銅版画 / 江戸 / 日本

司馬江漢  (1747-1818)

しばこうかん

江戸時代/18世紀末期〜19世紀初期

紙本木版・紙本銅板筆彩

全22枚

 木版・銅版12点22枚から構成されています。主体は10枚の銅版画で、それぞれに木版の解説文が付属しています。その多くは太陽系の諸天体の運行などに関するものですが、中にはアリなどの虫類を描いた唐突な画題のものも含まれています。個々の図版の制作年そのものは検討の余地があるとはいえ、これをひとまとめに刊行する段階で、司馬江漢はそれなりのコンセプトをもって臨んだと思われます。江漢がこだわっていた、独特な水火二元論と啓蒙意識が入り交じった宇宙観を図式化しようという試みと言えます。

【江戸の絵画】【江戸の洋楽】

天球全図をもっと見る

司馬江漢をもっと見る

神戸市立博物館をもっと見る

キーワード

江漢 / 司馬 / 市立 / 銅版

関連作品

チェックした関連作品の検索