天球全図 地球隋円図【楕円図】・同解説 てんきゅうぜんず 地球楕円図【だえんず】・どうかいせつ

銅版画 / 江戸 

司馬江漢 (1747-1818)
しばこうかん
江戸時代/18世紀末
銅版筆彩・解説-木版墨摺
20.4×27.0
解説27.0×4.5
1枚


来歴:池長孟→1951市立神戸美術館→1965市立南蛮美術館→1982神戸市立博物館

参考文献:

「地球楕円図」は全世界を正確な楕円の中に、しかも経線・緯線を曲線に描くなど、他に例のない図形となっています。江漢は寛政元年(1789)の長崎旅行の帰りに「楕円文廻し」を新製した大坂の間重富(1756-1816、家業は質屋ですが、天文家・暦算家としても知られる)と会っているので、彼に借りるか、参考にして自作した楕円用コンパスで本図を描いたことも考えられます。楕円外の四隅には『ヨンストン動物図譜』からとられたライオン・サイ・鳳凰・ドラゴン・駱駝の図があります。

【江戸時代の洋学】【江戸の絵画】【古地図】

作品所在地の地図

関連リンク

天球全図 地球隋円図【楕円図】・同解説チェックした作品をもとに関連する作品を探す

天球全図 月輪真形図・同解説
天球全図 太陽真形図・同解説
地球図
地球図

司馬江漢写并刻

江漢画室図
江漢画室図

司馬江漢

天球図
天球図

司馬江漢写并刻

ページトップへ