文化遺産オンライン

江漢画室図

こうかんがしつず

作品概要

江漢画室図

こうかんがしつず

銅版画 / 江戸

司馬江漢  (1747-1818)

しばこうかん

江戸時代、寛政6年/1794年

銅版墨摺

26.4×13.7

1面

落款「天明癸/卯九月/初為此/工/日本創製司馬江漢/寛政甲/寅八月」

来歴:池長孟→1951市立神戸美術館→1965市立南蛮美術館→1982神戸市立博物館

参考文献:

 親しい仲間内に配るための「摺物」として描かれた銅版画だったのかもしれません。地球儀やコンパス、書籍が雑然と置かれた机の向こうには、キャンバスに絵を描く画家と、銅版画用のプレス機で作業する職人が見えます。窓の外は明らかに西洋の風景なので、実際の江漢のアトリエとは思われませんが、自らの画家として、窮理学者としての活動を象徴するような図柄となっています。

【江戸の絵画】

江漢画室図をもっと見る

司馬江漢をもっと見る

神戸市立博物館をもっと見る

キーワード

江漢 / 司馬 / 銅版 / 天明

関連作品

チェックした関連作品の検索