ZITenHUYS じってんはいす

銅版画 / 江戸 

司馬江漢 (1747-1818)
しばこうかん
江戸時代、天明年間中期/1781年~1789年
銅版筆彩
28.2×41.6
1面
反射式眼鏡絵

来歴:池長孟→1951市立神戸美術館→1965市立南蛮美術館→1982神戸市立博物館

参考文献:

司馬江漢が天明年間(1781-1789)に制作した風景銅版画のひとつ。「ZITenHUYS」という表題は、おそらく「ZIEKENHUIS」(オランダ語で病院のこと)の誤りと考えられています。江漢はその著書『和蘭通舶』で、西洋の貧しい者、身体障害者のための施設、孤児院、病院などの福祉施設の充実ぶりについて述べています。本図が描かれたのも、このような知識を広める意図があったのかもしれません。ただし、本図のもととなったイギリス製の銅版画は、ロンドン郊外にある貴人の邸宅を描いたもので、本来は病院などとは関係がないことが指摘されています。この舶来銅版画をもとにして本図を描いた司馬江漢の真意については検討の余地があります。

【江戸の絵画】

作品所在地の地図

関連リンク

ZITenHUYSチェックした作品をもとに関連する作品を探す

不忍之池
不忍之池

司馬江漢

Serhentine
Serhentine

司馬江漢

広尾親父茶屋図
広尾親父茶屋図

司馬江漢

七里浜 TNPERJENOSIMA
両国橋  TWEELANDBRUK
両国橋 TWEELANDBRUK

司馬江漢

ページトップへ