文化遺産オンライン

Serhentine

さーへんたいん

作品概要

Serhentine

さーへんたいん

銅版画 / 江戸

司馬江漢  (1747-1818)

しばこうかん

江戸時代、天明年間中期/1781年~1789年

銅版筆彩

27.6×40.7

1面

反射式眼鏡絵 落款「司馬江漢畫」

来歴:池長孟→1951市立神戸美術館→1965市立南蛮美術館→1982神戸市立博物館

参考文献:

司馬江漢が天明年間(1781-1789)に制作した風景銅版画のひとつ。1776年ロンドンで刊行された『新編英国名勝記』に「ストウ庭園内のサーペンタイン河と人造洞窟」という、本図と類似する挿絵があることが、最近の研究で指摘されています。つまりここに描かれているのは、ロンドン郊外にあるテンプル伯爵家の庭園風景で、この表題は「Serpentine」が正しいということになります。

【江戸の絵画】

Serhentineをもっと見る

司馬江漢をもっと見る

神戸市立博物館をもっと見る

キーワード

江漢 / 司馬 / 天明 / 銅版

関連作品

チェックした関連作品の検索