不忍之池 しのばずのいけ

江戸 

司馬江漢
しばこうかん
1784年(天明4)/天明4年(1784)
銅版筆彩
28.4×41.4
1面
反射式眼鏡絵 落款「甲辰四月彫/日本創製司馬江漢」

司馬江漢が天明年間(1781-1789)に制作した風景銅版画のひとつ。上野の不忍池を、その南岸から北方を望んだ構図となります。司馬江漢が描いた本図とほとんど同じ景観を今でも眺めることができます。浮世絵版画や秋田蘭画の画家たちがその景観を描く中、江漢は自身が開発した腐食銅版技法で、眼鏡絵(レンズと鏡を組み合わせた覗き眼鏡で鑑賞するための小型絵画で、左右を反転して描かれる)に仕上げました。なお、当時は多色刷り銅版の技法はなかったため、筆彩による彩色が施されています。なお、江漢はこれらの銅版眼鏡絵を鑑賞させるための反射式のぞき眼鏡も自製しており、その現物とされるものも神戸市立博物館に伝えられています。

【名品2019】【江戸の絵画】

作品所在地の地図

関連リンク

不忍之池チェックした作品をもとに関連する作品を探す

三囲之景  MIMEGULI
三囲之景  MIMEGULI

司馬江漢画并刻

広尾親父茶屋図
広尾親父茶屋図

司馬江漢

両国橋  TWEELANDBRUK
獅子のいる異国風景図
獅子のいる異国風景図

司馬江漢(無款)

三囲景
三囲景

司馬江漢

ページトップへ