獅子のいる異国風景図 ししのいるいこくふうけいず

江戸 

司馬江漢(無款)
こうかん
江戸時代 18世紀後期/江戸時代、天明3年(1783)ごろ
銅版筆彩
25.4×38.5
1面

司馬江漢が天明年間(1781-1789)に制作した風景銅版画のひとつ。江漢による一連の銅版日本風景図と同じく、反射式のぞき眼鏡で鑑賞するための眼鏡絵のひとつとして描かれたものです。天明3年(1783)に江漢が初めて銅版画として創作した「三囲景」に前後する時期の制作とされています。右方に見える威嚇するライオンは、平賀源内などが所有していた『ヨンストン動物図譜』からとられたものです。全体の構図は同じく江漢による天明4年(1784)の銅版眼鏡絵「広尾親父茶屋」を左右反転したものに近いのですが、全くの異国風景にアレンジしている。

【名品2019】【江戸の絵画】

作品所在地の地図

関連リンク

獅子のいる異国風景図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

不忍之池
不忍之池

司馬江漢

広尾親父茶屋図
広尾親父茶屋図

司馬江漢

三囲之景  MIMEGULI
三囲之景  MIMEGULI

司馬江漢画并刻

三囲景
三囲景

司馬江漢

両国橋  TWEELANDBRUK
ページトップへ