中洲夕涼図 なかすゆうりょう

銅版画 / 江戸 

司馬江漢(無款) (1747-1818)
しばこうかん
江戸時代、天明年間中期/1781年~1789年
銅版筆彩
24.0×36.0
1面
反射式眼鏡絵

来歴:池長孟→1951市立神戸美術館→1965市立南蛮美術館→1982神戸市立博物館

参考文献:

司馬江漢が天明年間(1781-1789)に制作した風景銅版画のひとつ。中洲とは、隅田川の西岸、新大橋の南方につくられた埋立地で、寛政年間(1789-1801)に撤去されるまで納涼地・岡場所として栄えました。俗に三叉とも言われ、浮世絵版画では夕涼みの夜景として描かれた場所でした。江漢の銅版画は眼鏡絵として描かれたので、隅田川上流からの眺めということになります。遠くに見えるのは永代橋です。

【江戸の絵画】

作品所在地の地図

関連リンク

中洲夕涼図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

不忍之池
不忍之池

司馬江漢

両国橋  TWEELANDBRUK
両国橋 TWEELANDBRUK

司馬江漢

三囲之景  MIMEGULI
三囲之景  MIMEGULI

司馬江漢画并刻

ZITenHUYS
ZITenHUYS

司馬江漢

七里浜 TNPERJENOSIMA
ページトップへ