文化遺産オンライン

三囲之景  MIMEGULI

みめぐりのけい

作品概要

三囲之景  MIMEGULI

みめぐりのけい

銅版画 / 江戸

司馬江漢画并刻  (1747-1818)

しばこうかん

江戸時代、天明7年/1787年

銅版筆彩

28.0×39.4

1面

落款「天明丁未冬十月/日本銅板創製/司馬江漢画并刻」反射式眼鏡絵

来歴:池長孟→1951市立神戸美術館→1965市立南蛮美術館→1982神戸市立博物館

参考文献:

司馬江漢が天明年間(1781-1789)に制作した風景銅版画のひとつ。司馬江漢は、天明8年(1788)からの長崎旅行で、大坂の木村蒹葭堂のもとに立ち寄っています。持参した銅版眼鏡絵を蒹葭堂に見せ「誠に日本創製なり」とその技法を感心しさせました。

天明3年(1783)の「三囲景」の版が磨耗したのでしょうか、江漢は同7年にほぼ同じ構図でこの銅版眼鏡絵を製作しました。この作品では、天明3年版よりも視点を低くとり、土手を歩く人々の表現を強調するようになりました。反射式眼鏡絵として制作されたので左右反対の構図となっています。

【江戸の絵画】

三囲之景  MIMEGULIをもっと見る

司馬江漢画并刻をもっと見る

神戸市立博物館をもっと見る

キーワード

江漢 / 司馬 / 天明 / 眼鏡

関連作品

チェックした関連作品の検索