京洛・中国風景図巻 きょうらく・ちゅうごくふうけいずかん

その他の画像全4枚中4枚表示

日本画 / 江戸 

伝円山応挙筆 (1733-1795)
まるやまおうきょ
江戸時代、宝暦9年頃/1759年頃
紙本著色
(各)16.3×21.0
1巻
反射式眼鏡絵のため図柄は左右反転。

来歴:阿部氏→池長孟→1951市立神戸美術館→1965市立南蛮美術館→1982神戸市立博物館

参考文献:
・塚原晃「長崎版画としての《姑蘇石湖倣西湖勝景》」(『神戸市立博物館研究紀要』第34号) 2018

現在は巻子装ですが、本来は独立した4枚の反射式眼鏡絵として描かれたものです。左右反転して描かれているので、レンズと鏡を組み合わせたのぞき眼鏡で鑑賞するものです。極細の筆で、銅版画に匹敵するほど精緻に描かれており、その作風や寸法が他の伝応挙の眼鏡絵と類似しています。描かれているのは「祇園御旅所」「四条河原町芝居」「中国海浜」「姑蘇万年橋」。18世紀の京都の景観資料として、また、中国から舶来した蘇州版画の作風を考える上でも重要な作品です。四条芝居の看板に記された演目「沢村国太郎けいせい花鳥山」から、宝暦9年(1759)の景観と考えられます。

【江戸の絵画】

作品所在地の地図

関連リンク

京洛・中国風景図巻チェックした作品をもとに関連する作品を探す

姑蘇万年橋
姑蘇万年橋

伝円山応挙画

姑蘇石湖倣西湖勝景
姑蘇石湖倣西湖勝景

画者不詳 富島屋版/長崎版画

姑蘇万年橋図
姑蘇万年橋図

画者不詳/蘇州版画

LEYDTSE POORT MUYDER POORT
LEYDTSE POORT MUYDER POORT

画者不詳 /長崎版画

青艸湖
青艸湖

伝円山応挙画

ページトップへ