LEYDTSE POORT MUYDER POORT

木版画 / 江戸 

画者不詳 /長崎版画
江戸時代/18世紀後期〜19世紀中期
木版筆彩
76.3×55.2
4枚続
版元 長崎 富島屋版か

来歴:池長孟→1951市立神戸美術館→1965市立南蛮美術館→1982神戸市立博物館

参考文献:
・塚原晃「長崎版画としての《姑蘇石湖倣西湖勝景》」(『神戸市立博物館研究紀要』第34号) 2018
・板橋区立美術館『長崎版画と異国の面影』図録 2017

2隻の大きなオランダ船が寄港する港町を描いており、そのタイトルが「ライデン港とムイデン港」と解釈されることもありますが、詳細は不明です。「姑蘇石湖倣西湖勝景」と同じく2枚の紙を縦方向に繋いで大画面を作っています。描かれている風景表現も、所々に破綻をきたした空間表現と、素朴な景物・人物描写は、「唐人屋舖景」「出嶋阿蘭陀屋舖景」と類似していることから、1780年前後に豊島屋から出された版画と考えられます。

「姑蘇石湖倣西湖勝景」が蘇州版画の技法、つまり、濃淡ふたつの墨版に筆彩を加える手法を使っていますが、本図では西洋の銅版画を意識した表現、たとえばクロスハッチングのような描線の密集や、ルーレットによる打点を思わせる点描が随所に見られます。おそらく「姑蘇石湖倣西湖勝景」と同時に出版された版画で、モチーフと表現技法で中国とオランダを対照させる、長崎版画ならではの趣向に富んだ大作です。ただし本図に描かれた町並みは実際のオランダのそれではなく、蘇州版画に描かれた都市景観を参考にして構築された空想上の異国風景と思われます。

なお、画中下方に描かれているオランダ船の船尾に「SCHLAAK」と記されていますが、これは、オランダ東インド会社のために1736年に建造され、翌年の処女航海でオランダからバタビアに到着し、つづいて長崎にも航海したSchellach号との関連性が指摘されています。

【長崎ゆかりの近世絵画】

作品所在地の地図

関連リンク

LEYDTSE POORT MUYDER POORTチェックした作品をもとに関連する作品を探す

姑蘇石湖倣西湖勝景
姑蘇石湖倣西湖勝景

画者不詳 富島屋版/長崎版画

唐人屋舖景
唐人屋舖景

画者不詳 豊嶋屋文治右衛門版/長崎版画

山塘普済橋中秋夜月
山塘普済橋中秋夜月

秀涛子画 陳仁桑店版/蘇州版画)

姑蘇万年橋図
姑蘇万年橋図

画者不詳/蘇州版画

出島阿蘭陀屋舗景
出島阿蘭陀屋舗景

画者不詳 豊嶋屋文治右衛門版/長崎版画

ページトップへ