天球全図 月輪真形図・同解説 てんきゅうぜんず がちりんしんけいず・どうかいせつ

銅版画 / 江戸 

司馬江漢 (1747-1818)
しばこうかん
江戸時代/18世紀末
銅版筆彩・解説-木版墨摺
25.6×19.9
解説25.6×15.0
1枚


来歴:池長孟→1951市立神戸美術館→1965市立南蛮美術館→1982神戸市立博物館

参考文献:

付属の解説文のなかで江漢は次のように述べています。「この図はオランダの本から模写したものだが、かつて自分が望遠鏡で満月を観察したときはこのようには見えなかったので疑問を抱いていたが、再度観察したらこの図と同じだったので、あらためて感心した。月面で暗い部分は山岳で、銀色のところは海河であり、疑いなくこれは「地球」そのものである」と。「太陽真形」と同様に、キルヒャーの『地下世界』にこれと酷似した図版があるので、江漢が模写した蘭書がこの本だった可能性が高いです。

【江戸時代の洋学】【江戸の絵画】

作品所在地の地図

関連リンク

天球全図 月輪真形図・同解説チェックした作品をもとに関連する作品を探す

天球全図 太陽真形図・同解説
天球全図 地球隋円図【楕円図】・同解説
地球図
地球図

司馬江漢写并刻

耳鏡引札
耳鏡引札

司馬江漢

天球図
天球図

司馬江漢写并刻

ページトップへ