文化遺産オンライン

賀来飛霞植物写生図 芍薬図

かくひかしょくぶつしゃせいず しゃくやくず

作品概要

賀来飛霞植物写生図 芍薬図

かくひかしょくぶつしゃせいず しゃくやくず

絵画 / 明治 / 大分県

賀来飛霞  (1816~1894)

かくひか

大分県

江戸時代後期~明治時代

額装 / 紙本着色

22.5×34.7㎝

1点

 豊後高田(現大分県豊後高田市)生まれの本草学者、賀来飛霞の描いた植物写生図。本草学に必要な絵の手ほどきを受け、その後京都で研究を行った。この図では芍薬の花弁の形や葉脈、葉形に至るまで詳細に観察されている。芍薬の根は古くから生薬として用いられることから、単に植物の写生ではなく、植物学の視点で描かれている。

賀来飛霞植物写生図 芍薬図をもっと見る

賀来飛霞をもっと見る

大分市歴史資料館をもっと見る

キーワード

賀来 / / / 本草学

関連作品

チェックした関連作品の検索