文化遺産オンライン

青磁神亭壺

せいじしんていこ

作品概要

青磁神亭壺

せいじしんていこ

陶磁 / 三国 /

中国・古越州

三国(呉)~西晋時代・3世紀

陶製

1口

神亭壺(しんていこ)は墳墓に副葬するための明器(めいき)で、被葬者の死後の生活に備えるための穀物倉、あるいは死者の魂の住みかと考えられています。浙江(せっこう)省、江蘇(こうそ)省の3~4世紀の墓葬においてみられるもので、当時の江南地方の豊かな物質生活と精神生活の双方が反映されています。

青磁神亭壺をもっと見る

中国・古越州をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / 青磁 /

関連作品

チェックした関連作品の検索