文化遺産オンライン

玄圃瑤華

げんぽようか

作品概要

玄圃瑤華

げんぽようか

絵画 / 江戸

伊藤若冲自画自刻

江戸時代・明和5年(1768)

紙本拓版

縦28.2 横17.8

28枚

銘文:「斗米」 ; 「藤女鈞」 ; 「若冲居士」 ; 「斗米庵鐫蔵」「明和戊子仲夏日」「平安書肆 田原勘兵衛発行」 ; 「汝鈞」 ; 「憂亭方斎」

「玄圃瑤華」の「玄圃」は仙人の居どころ、「瑤華」は玉のように美しい花の意味。拓本のように紙の表側から墨を打って形を出す若冲が得意とした版画技法で、草花と虫、野菜などが描かれる。白と黒の劇的なコントラストと大胆な構図が見どころ。若冲53歳の時の作品。

玄圃瑤華をもっと見る

伊藤若冲自画自刻をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

若冲 / 伊藤 / 水墨 /

関連作品

チェックした関連作品の検索