文化遺産オンライン

埴輪 盾持男子像

ハニワ タテモチダンシゾウ

概要

埴輪 盾持男子像

ハニワ タテモチダンシゾウ

考古資料

全長:116.8cm

1個

古墳時代後期(6世紀頃)に作られた人物埴輪と水鳥埴輪。人物埴輪には、立像と半身像とがあり、女性立像は類例がきわめて少ない。男性埴輪には武人・楽人・農民・力士などがある。女性埴輪には巫女をはじめ乳児を抱いたり、背負う姿も存在する。このような埴輪は関東地方にとくに多い。 人物埴輪がたてられる位置は古墳の頂部・段築部・造出し部などであり、様々な種類の人物埴輪を組み合わせて、何らかの儀式を表している場合がある。

埴輪 盾持男子像をもっと見る

京都国立博物館をもっと見る

キーワード

埴輪 / 古墳 / 人物 / 水鳥

関連作品

チェックした関連作品の検索