Tobacco Case

Details

Tobacco Case

Hokkaido Ainu

19th century

Wood and deer antler

高7.0_長径12.5_短径7.3

1個

 アイヌ文化において煙草は、社会的・文化的に重要な意味をもつものであり、常に煙草・煙管(きせる)・煙草入を携帯していた。煙草入は、美しく装飾された印篭型(いんろう)のものが多い。本例は蓋中央と胴両側面に骨製飾板をはめ込み、煙管差の各所に鹿角製装具が付属する。(2005/09/13)

Search by Tobacco Case

Search by Hokkaido Ainu

Search by Tokyo National Museum

Keywords

アイヌ / 煙草 / Ainu / 木製

Related Works

Search items related to work chosen