文化遺産オンライン

五彩麒麟花鳥文盤

ゴサイキリンカチョウモンバン

作品概要

五彩麒麟花鳥文盤

ゴサイキリンカチョウモンバン

陶磁 / 中国

制作地:中国

1個

明時代の後~末期、中国南方系の民窯で焼かれていた白磁や染付で、赤・青・緑の上絵で彩色されているものを日本で呉須赤絵と呼んでいる。呉須赤絵の盤の伝世品はかなりの数があり、特に本例のように、見込み中央に麒麟文を配するものは類品も多く、呉須赤絵の代表的デザインと言える。 近年、中国における発掘調査で、福建省にある窯が生産地のひとつであることが明らかになった。

五彩麒麟花鳥文盤をもっと見る

京都国立博物館をもっと見る

キーワード

赤絵 / 南京 / / 中国

関連作品

チェックした関連作品の検索