画文帯神獣鏡 ガモンタイシンジュウキョウ

考古資料 

径:11.8cm
1面

日本に朝鮮半島や中国から鏡が伝わったのは弥生時代のことであった。人の姿をそのままにうつすことを知った古代人の驚きはいかばかりであったろう。弥生~古墳時代にかけて鏡は神事における重要な祭器となった。 一般に鏡面(うつる面)はゆるい凸面で、水銀でていねいに磨かれる。背面にはいろいろな文様が表され、中央にひもを通すつまみ(鈕)がつけられる。鏡の展示ではもっぱら背面の文様を見せるのだが、ここでは鏡面を上にして置いた。

作品所在地の地図

関連リンク

画文帯神獣鏡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

画文帯神獣鏡
三角縁波文帯三神三獣鏡
京都府乙訓郡長岡町付近古墳出土品
トヅカ古墳 変形半円方形帯神獣画像鏡
和田山古墳 神獣鏡
ページトップへ