灰陶加彩武人俑 カイトウカサイブジンヨウ

陶磁 / 中国 

制作地:中国
高:41.5cm
1躯

甲冑に身を固め、長い髭を蓄えた武人である。まなじりが裂けるほどに目を見開き、鬼面をも思わせる表情は、北魏時代の武人俑の特徴といえよう。類品が正光元年(520)の西安市任家口邵天生墓から出土している。

作品所在地の地図

関連リンク

灰陶加彩武人俑チェックした作品をもとに関連する作品を探す

武人俑
加彩武人
三彩官人
加彩武人俑
加彩駱駝
ページトップへ