文化遺産オンライン

辻金具

つじかなぐ

概要

辻金具

つじかなぐ

考古資料

古墳時代 6世紀

鉄地金銅張

1:長12.1 幅9.0 鉢径6.2 高2.4 2:長12.5 幅12.7 鉢径7.4 高2.4 3:径7.2 鉢径4.9 高3.4

3点

辻金具は装飾馬具を革で垂下する場合に欠かせない金具である。3点のうち2点はほぼ同一で1点は全く異なる。前者は有脚式の辻金具で、扁平で低い鉢の周囲には四脚が付き、基部に長方形で爪を持つ責金具で帯を掴む。脚は個別に鍍金された鉄鋲で固定される。後者は銀張りされた円形辻金具で鋳造された鉢には段が巡らされ、長方形孔に帯を結んで固定する。このような装飾性の高い辻金具は希少である。

辻金具をもっと見る

九州国立博物館をもっと見る

キーワード

金具 / 古墳 / 弁財 /

関連作品

チェックした関連作品の検索