雲珠 うず

考古資料 / 古墳 / 茨城県 

出土地:伝茨城県稲敷市幸田出土
6世紀 古墳時代
鉄地金銅張
径13.2 鉢径8.5 鉢高3.7 脚長1.9-2.2
1点

古墳時代の馬装のうち、掛け渡した革帯の結節点を固定するための金具で6脚が遺存するが、本来は9脚の雲珠と推定される。鉢本体を鋳造して鍍金し、各脚は1鋲を打つ。鉢は基部に4条の凹線が巡る。頂部は金銅板が破れ、鉄地が露出する。脚裏面にはかすかに布圧痕を認める。本品は9脚と古墳時代雲珠の中でも大型に属し、鍍金の遺存も良好で有力な首長層の副葬品と目される。伝えられる出土地付近には現在も多くの古墳群が展開し、盟主的な位置を占める古墳から出土したものであろう。

作品所在地の地図

関連リンク

雲珠チェックした作品をもとに関連する作品を探す

辻金具
心葉形杏葉
金銅装雲珠
忍冬唐草文鏡板(奈良県珠城山第三号墳出土)
潮見古墳出土遺物
ページトップへ