文化遺産オンライン

大珠

たいしゅ

作品概要

大珠

たいしゅ

考古資料

出土地:青森県むつ市関根

縄文時代 5000年前~4000年前

石製(翡翠製)

縦4.2 横2.9 厚2.0

1個

縄文時代中期の東日本で発達する、鰹節形と呼ばれる円柱形の翡翠製大珠の小型品である。被熱により黒く変色した部分がみられ、大珠製作時における火の使用や、大珠に関わる火を用いた儀礼などを示す可能性がある。翡翠は、新潟県糸魚川産と推定される。

大珠をもっと見る

九州国立博物館をもっと見る

キーワード

翡翠 / 縄文 / / 糸魚川

関連作品

チェックした関連作品の検索