遠山家住宅(京都府亀岡市河原林町) 米蔵 とおやまけじゅうたく(きょうとふかめおかしかわらばやしちょう) こめぐら

住居建築 / 近畿 

京都府
江戸末期/1838
土蔵造、桁行四・一メートル、梁間三・九メートル、二階建、切妻造、南面庇付、桟瓦葺
1棟
京都府亀岡市河原林町河原尻東垣内六三番地
重文指定年月日:
国宝指定年月日:
重要文化財

遠山家住宅は,亀岡市街の北東,大堰川の左岸に位置する。主屋は寛政2年(1790)の建設で,当地を代表する妻入り,縦割りの農家住宅の発展型として,重要文化財に指定されている。
米蔵は天保9年(1838),借物蔵は主屋と同じ寛政2年の建設で,長屋門は主屋より古く18世紀後期の建設とみられる。長屋門から西へ延びる高塀や敷地内の露地門,井戸などが屋敷構えを構成している。

作品所在地の地図

関連リンク

遠山家住宅(京都府亀岡市河原林町) 米蔵チェックした作品をもとに関連する作品を探す

遠山家住宅(京都府亀岡市河原林町) 借物蔵
遠山家住宅(京都府亀岡市河原林町) 長屋門
福田家住宅(鳥取県鳥取市紙子谷) 上の蔵
福田家住宅(鳥取県鳥取市紙子谷) 下の蔵
喜多家住宅(石川県野々市市本町) 前蔵
ページトップへ