文化遺産オンライン

旧料亭信濃離れ菊の間

きゅうりょうていしなのはなれきくのま

作品概要

旧料亭信濃離れ菊の間

きゅうりょうていしなのはなれきくのま

建造物 / 大正 / 中部

長野県

大正/1912~1918

木造平屋建、瓦葺、建築面積46㎡

1棟

長野県諏訪市大手二丁目3008-1他

登録年月日:20221031

登録有形文化財(建造物)

上諏訪駅の南に位置する料亭離れ。平屋建入母屋造桟瓦葺の東西棟で北面し、内部は東を寄付、西を八畳座敷とし、南面に縁を付して水屋と便所に連絡する。床や書院、窓廻りや天井に多様な竹を散り嵌め、細部まで技巧を凝らす。煎茶趣味が溢れる数寄屋風の離れ。

関連作品

チェックした関連作品の検索