Horiikejuutakuhanare

堀井家住宅離れ

Details

Horiikejuutakuhanare

堀井家住宅離れ

住居建築 / 江戸 / 近畿

奈良県

江戸/1830-1867

木造平屋建、瓦葺、建築面積35㎡

1棟

奈良県桜井市穴師1-1

登録年月日:20040302

登録有形文化財(建造物)

主屋の北妻側に廊下で接続している。木造平屋建,入母屋造,桟瓦葺で,8畳の座敷と6畳の控えの間からなる。座敷は床・棚と付書院を備え,天井の棹縁を猿頬面取とするなど,端正な数寄屋風のつくりになる。部材等から江戸末期頃と推定される離れ座敷の好例。

Related Works

Search items related to work chosen