太田家住宅新建 おおたけじゅうたくしんだて

住居建築 / 昭和以降 / 中国・四国 

鳥取県
昭和前/1933
木造平屋建、瓦葺、建築面積73㎡
1棟
鳥取県八頭郡八頭町富枝字下土居屋敷40
登録年月日:20170628
登録有形文化財(建造物)

主屋背面西端に接続する木造平屋建で、周囲に下屋庇を廻らす。入母屋造桟瓦葺で、北から座敷八畳、四畳、六畳を並べ、北東南の三方に広縁を廻らす。付書院が付く床廻りの意匠、天井の高い内法、ヒノキやスギ・マツの良材を多用する点など、質の高い離れである。

作品所在地の地図

関連リンク

太田家住宅新建チェックした作品をもとに関連する作品を探す

梅谷家住宅離れ
有隣荘離れ
桑田家住宅離れ
上田家住宅離座敷
飯沼本家離れ屋
ページトップへ