文化遺産オンライン

丸玉

まるだま

作品概要

丸玉

まるだま

考古資料

出土地:青森県むつ市

縄文時代 4000年前~2300年前

石製(翡翠製)

(1)縦1.2 横1.1 厚0.7 (2)縦1.1 横1.1 厚0.8 (3)縦1.0 横1.0 厚0.7 (4)縦1.0 横1.0 厚0.5 (5)縦0.9 横0.9 厚0.6 (6)縦0.9 横0.9 厚0.6 (7)縦0.9 横0.9 厚0.6 (8)縦0.8 横0.8 厚0.5 (9)縦0.5 横0.5 厚0.4

9個

小形で球形の垂飾で、連珠で使用されたと想定される。翡翠製のものは、縄文時代後期・晩期の東日本で発達し、九州にもみられる。翡翠は、新潟県糸魚川産と推定される。縄文時代後半期には緑色石材製の垂飾が流行したが、丸玉はその一例。翡翠製のもの以外では、東北北部で緑色凝灰岩製、九州でクロム白雲母岩製のものが流行した。

丸玉をもっと見る

九州国立博物館をもっと見る

キーワード

翡翠 / 縄文 / / 糸魚川

関連作品

チェックした関連作品の検索