細道絵日記 ほそみちえにっき

絵画  日本画 / 明治 / 日本 

小川芋銭 (1868-1938)
おがわうせん
1911年
紙本墨画淡彩、巻子装
26.9×115.0

『細道絵日記』は、俳聖松尾芭蕉の名作「奥の細道」の舞台となった、みちのくの地を訪れた際の感興が綴られた絵入り旅日記です。1911年9月上旬に茨城県からいわき経由で福島県に入り、小高、相馬、福島、会津若松、山都、船引、喜多方などをたどり、最後に熱塩示現寺をもって日記は終わっています。洒脱な筆づかいのうちにも芋銭と友人たちとの温かい交流がしのばれ、軽妙な詞書きと簡略な挿絵とが、のどかな旅のつれづれをあますところなく伝えています。

作品所在地の地図

関連リンク

細道絵日記チェックした作品をもとに関連する作品を探す

於那羅合戦
於那羅合戦

小川芋銭

水郷十二橋
水郷十二橋

小川芋銭

沼四題 泥鰌打
沼四題 泥鰌打

小川芋銭

沼四題 檜原
沼四題 檜原

小川芋銭

墨跡
墨跡

小川芋銭

ページトップへ