釣針(つくり方) つりばり(つくりかた)

考古資料  骨角・牙・貝製品類 / 縄文 / 日本  東北  宮城県 

縄文時代
鹿の角
左端長さ3.4cm
1点
田柄貝塚
重要文化財

鹿の角をけずってあらかじめ釣針の大きさに合わせた材料をつくり、それに加工を加えながら細部を作っていく。左端長さ3.4cm。縄文時代。気仙沼市田柄貝塚。

作品所在地の地図

関連リンク

釣針(つくり方)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

釣針
釣針(つくり方)
ヤス
釣針
うき
ページトップへ